初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら

ブログ

スペイン旅行(7−3)

セビリアのアルカサル見学を終えて、カテドラルに向かいましたが、入場を待つ長蛇の列に圧倒され、時間を変えてきてみることにして、近くにある救済病院の見学に変更しました。 カテドラルの入り口に着いてみると、すごい列が伸びていました。 入り口がよくわからなくて少し苦労をしました。 救済病院の入り口です。 ミゲル・デ・マニャーラのようです。 ドン・ファンのモデルとされるミゲル・デ・マニャーラが作った病院とのことです。 付属の教会です、なかなか立派なものです、観光客のいなくて静かに見学できました。 床に、興味を引く骸骨の彫り物を見つけました。 中庭です、噴水があり、周りにいろいろなタイルで製作された壁画が見られます。 付属の教会やタイルで描かれた壁画?が面白かったです。 昼食を取ろうと、ヌエバ広場の近くのお目当てのホテルのレストランへ歩きました、よく似ている名前のホテルでここここと勘違いをして、ホテルのレセプションでレストランの予約を取り、30分ほど待つことにしました、その間に夜のフラメンコのショウをコンシェルジュに頼んだところ、予定の時間は満席ということで困りましたが、観客が多いのか?17:00からのショータイムがあるとのことで、こちらを予約してもらい、昼食後、カテドラルを見て、フラメンコ舞踊博物館のショーということにしました。ところがこのレストランは、どうも予定していたところと違うようでしたが、周りのお客の層が違うようで、皆さん上品な方で、お金持ちのようで、私たちは何となく場違いな感じがしましたが、まあいいやカードがあるさということでここで食べました。雰囲気は良く、味のほうも満足でした。 そのレストランを出て、カテドラルに向かいます。ヌエバ広場と市庁舎です。 カテドラルの入り口は別ですが、これが、本来の正門でしょう。 観光客などが入る入り口です、列の長さは、先ほどと比べると十分の一くらいでしょうか、我慢が出来ます。 入り口に展示されているヒラルダの塔の上に設置されている4m・1288kgのブロンズ製の風見だそうです。


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

記事

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

その他

モバイルサイト

qrcode