初心者の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら

ブログ

スペイン旅行(5−4)

アルハンブラ宮殿の観光は、核心部がナスル朝宮殿でそれを取り囲む城壁内の庭園と戦闘用のアルカサバと離宮ヘネラリフェからなっています、ナスル朝宮殿以外は、いつでも見学できるという仕組みで、午前と午後の部に分けられています、夜もナスル朝宮殿のみ見学可能だそうです。9:30の予約時間になり、ナスル朝宮殿へ入ります、順路になっており、つぎつぎと見学できます。 入り口です。 メスアール宮、メスアールの間です、柱などに細かい装飾が施されています。 拡大してみました。 メスアールの間・メスアールの中庭、大使の間、アラヤネスの中庭、二姉妹の間、ライオンの中庭など続きます。どれがどれだか解らなくなります。 大使の間の透かし窓で、風通しをよくしているようです手間をかけています。 その天井です。 ついで、コマレス宮のアラヤネスの中庭です、中央に池があります、噴水はありません、 水面に建物が写りこんでいます、日の当るところと陰で、コントラストが強く目にはきついです。 天井です。 細かい壁の装飾です。星空の星たちを思い起こさせます ライオン宮です。繊細な大理石の柱が立っています。 どのガイドブックものっているライオンの中庭です。変な形のライオンの噴水で迫力がありません、四方に排水路が走っています。 ライオンの中庭に面した二姉妹の間の天井で、細かい鍾乳石の飾りがあり、すばらしいものですが、落ちてきそうな錯覚を受けました。 パルタル庭園と貴婦人の塔 さらに、貴婦人の塔、パルタル庭園でほぼ終わりです。ここから城壁に沿ってもどり、少し離れた谷の向かいにあるヘネラリフェをめざします。 ヘネラリフェが、向こうに見えます。 まだそんなに暑くはありませんが、日射しはとても強いです、あそこまで歩くのは大変そうです、時間はたっぷりあるのでせっかくですからゆっくりと歩いてゆきましょう。


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

記事

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

その他

モバイルサイト

qrcode